水素水でアトピーは良くなるの?効果と副作用について解説!

〜水素水とアトピー性皮膚炎〜
 
アトピー性皮膚炎は、ステロイド剤での対処療法が主な治療法とされています。
アレルギー症状を持った赤ちゃんが生まれてくると、お母さんはアレルゲンを取り除くためにとても苦労します。
 
アトピー性皮膚炎の三大アレルゲンである牛乳、卵、大豆をお母さんが摂取して母乳を与え続けていると、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎はいっこうに改善しません。
 
昔はアトピー性皮膚炎は小学校に入学する頃までには自然に治ったものですが、近年はそうでもなく増加する傾向にあるようです。
 
そんな中で、アトピーっ子を持つ親たちにとって水素水は朗報と言えます。水素水のアトピーに対する効果と副作用についてみていきましょう。
 
 
■アトピー性皮膚炎とは?
 
免疫機能がアレルゲンに過剰反応して炎症やかゆみなどが起こります。
アトピー体質は悪玉活性酸素が増加するため免疫力が低下します。

そのためアレルギー症状がおきます。
 
負のサイクルから抜け出すには、悪玉活性酸素を除去し自己免疫を上げる必要があります。
活性酸素の内の悪玉活性酸素が増えると、正常な細胞や遺伝子まで傷つけてしまいます。
 
■水素水がアトピー性皮膚炎に効果があると言われる理由
 
水素水がアトピー性皮膚炎に効果があると言われる理由の一つに、水素が悪玉活性酸素を除去する働きがあるからです。
 
活性酸素には体に侵入した細菌やウイルスをやっつけるための成分もあるのですが、アトピー性皮膚炎のようなアレルギー体質の場合、体に有用なものまでやっつけてしまいます。
その結果皮膚に炎症が起こりアトピー症状を悪化させてしまうのです。
 
水素水はこの過剰発生した活性酸素を取り除く働きがあります。
 
水素は元素の中でももっとも小さくて細胞膜や細胞の仲まで侵入し、活性酸素を取り除きます。
水素水はビタミンC以上の抗酸化作用があると言われています。

 
2014年にマウスを使った実験では、水素水がアトピー性皮膚炎に有効であることが発表されています。
 
水素水については副作用も心配はありません。
 
■水素水を選ぶにあたって
 
水素の含有量が少ないと活性酸素の除去効果もあまり期待できないので、1,2ppm以上含むものを選ぶようにします。
 
また、水素水をパックで購入する場合は、ペットボトルなどの容器では水素が透過するため、充填した時点では条件が満たされていても消費者が購入する時点では条件に満たないこともあるようです。
 
アルミパウチ式水素水は、容器の構造が多層になっているので空気を遮断して気密性が高いと言えます。
 
水素水は1度にたくさん飲んでもあまり意味がないようなので、パックで購入する場合は飲みきりサイズの200ml〜500mlがおすすめです。
 
 

水素水をアトピー性皮膚炎の治療として家庭で用いる場合は飲むだけでなく、市販のスプレー容器などに水素水を入れて、肌水としてお風呂上りに使うと良いでしょう。
 
水素水は副作用がないので、赤ちゃんからお年寄りまで安心して使用できます。
 

おすすめの水素水は?

アトピーに効果があるとされている、水素水ですが、色々なメーカーから出されていてどれを選んでいいか
わからないという方もいらっしゃると思います。

 

水素はすぐに抜けやすいという性質があるため、水素水の中には飲む時点でほとんど水素が残っていなくて、
ただの水同然の悪質なものもあります。

 

これはテレビなどでも取り上げられており、水素水のブームに乗っかって悪徳商売をしようとする業者もいるということです。

 

ですので、水素水だからといってどれでも良いというのはだめなんです。

 

水素水で信頼できるメーカーはサラスバという水素水です。サラスバは口コミでも評判がとても良い水素水で、
サラスバを飲んで身体の調子がよくなったり、アトピーの症状が和らいだなんていう声も聞きます。

 

サラスバはアルミパウチタイプの水素水です。アルミパウチタイプといのは、ペットボトルなどとは違い特殊な構造
になっている包装で、水素が逃げづらくなっているんです。

 

そのため、サラスバは水素濃度が高い状態のまま、飲むことができるので、効果的に水素を取り込むことができます。

 

サラスバは1本あたりのコスパも水素水の中で非常に良いので、水素水選びに困ったら選ぶのが無難であると思います。